979円 恋する惑星 [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 恋する惑星 高級品 DVD 恋する惑星 高級品 DVD 979円 恋する惑星 [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 恋する惑星,DVD , 外国映画 , ドラマ,/inflamingly1927776.html,anthonylanier.com,979円,[DVD] 恋する惑星,DVD , 外国映画 , ドラマ,/inflamingly1927776.html,anthonylanier.com,979円,[DVD]

恋する惑星 贈呈 高級品 DVD

恋する惑星 [DVD]

979円

恋する惑星 [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   公開時にその斬新な感覚で若者に大評判となったウォン・カーウァイのエポック的作品。その独特のモノローグは「初期ゴダール映画の再来」と言われた。
   香港の雑踏のなかで1つの恋の終わりと、1つの恋の始まりがシンクロする。登場人物は2人の警官と、謎の金髪女性に風変わりな女の子。前半はダークに後半はポップに、鮮やかな切り返しで展開する。盟友クリストファー・ドイルのカメラは香港の街中を自由自在に疾走する。カラフルな香港の雑踏、高く広がる空、夜のネオン、その映像はいつもミラクル・ワールドを作りだす。中国のトップ・シンガー、主演のフェイ・ウォンが歌う主題歌『夢中人』の伸びやかな歌声のように、浮遊し旋回しているような感覚の映画である。(星乃つづり)

内容(「Oricon」データベースより)

香港の重慶マンション周辺を舞台にした、ある二組のカップルの出会いをめぐるドラマ。出演はフェイ・ウォン、トニー・レオンほか。ウォン・カーウァイ監督作品。

恋する惑星 [DVD]

昔テレビ録画していたVHSを整理していたら出てきて、観てみた結果ハマりました。登場人物とおおよそ同世代で、作中の1994年頃も、同じようなことをして過ごしていたため、その雰囲気に惹かれました。公開当時はずいぶん話題になっていたと記憶していますが、流行りものは好まないため、録画はおそらく2000年以降で、その時初めて観ました。初見時は「何この2本立て?」とあまりピンと来ず、以来放置だと記憶しています。おそらくはそれが本来の感想で、実際今もそう思いますが、20年以上経った結果、その郷愁に惹かれているのだと思います。ざっと感想など調べてみるといろいろと深読みできるようで「なるほど」と思いましたが、重厚なストーリーがあるものでもないと感じますし、今のところは軽く観てその雰囲気を味わう作品だと思っています。キラキラしていたと勝手に捉えている1990年代の雰囲気を味わえるように思いますが、今時の若い人が観ても全然響かないのかもしれません。普段あまり多くの映画を観るわけではない私にとっては、心に残る作品となり、衝動的に香港までロケ地探訪に行くことにし、そのためこのDVDあるいはブルーレイの特典映像で予習しようと購入しました。元々ローファイな画質の作品のようですので、ブルーレイは見送りDVDにしておきました。
映像が芸術的で、台詞はまるで詩を読んでいるかのよう。登場人物はフアッションアイコン。とにかく可愛い。現在2020年師走。公開された1994年から既に26年も時が流れているのに・・・いつの時代に見ても流れに沿って新鮮です。2回3回と見るに連れて、魅力にとり憑かれている作品だと思います。1回目は雰囲気と音楽を楽しみ、2回目は登場人物の表情を噛み締め、3回目でストーリーの解釈を考察して味わう。最低3回は見ないと分からない。でも、1回目を見終わったらすぐに2回目が見たくなる。中毒性たっぷりの「恋する惑星」この邦題付けた人、天才だな。男はいつだって失恋から立ち直るのに難儀して、女は片思いを楽しむバイタリティを持ち合わせているんだ。この地球は常に失恋と片思いが交差する恋する惑星。初めて見たのは今から遡ること23年前。まだ19歳の学生自分でした。とにかくフェイウォンが可愛くて可愛くて。憧れて髪型を真似した若かりし日の私。633を見つめるフェイの挙動不審さにきゅんきゅん。失恋から立ち直れずにいる金城武とトニーレオンを見て、振られて泣ける男は最高に優しいんだと教わったのもこの映画だったなぁと。私の夢はどこに飛んで行ったかな?カリフォルニア辺りに落ちてればいいのに。
90年代香港映画ブームの立役者となった作品の一つ。クリストファー・ドイルが撮る香港の夜の街がとてもスタイリッシュで、まだブルーレイなど存在しなかった当時、レンタルで借りてきたVHSビデオで何度も見てました。久しぶりに見たくなり、ついブルーレイを購入。香港の街並みこそ20年で大きく変わりましたが、作品は今見てもクールでオシャレでした。特典映像にウォンカーウァイ監督とクリストファードイルのコメンタリーと、お蔵入りした別シナリオが収録されていて、かなりお得だと思います。
最初にブルーレイソフトについて少し書きます。まず画質ですが、ユニバーサル版DVD(2006)と比較して、ブルーレイならではの高画質!…というほどでもなく、すこしよくなったかな?…くらいです。元々、ユニバーサル版の段階でそれ以前のコロンビア版(1996)から‘かなり’向上していますし、ウォン・カーウァイ作品は高画質をそれほど要求しない(?よーな気がする)ので今回のブルーレイ…DVDでもそれほど問題はないかな、と感じました(メーカーさんゴメンナサイ)。でも、映像特典は目新しいものなので紹介させてください。(ユニバーサル版には入っていませんし…)まず、未公開シーン、…ウォン・カーウァイ作品ではいつものことですが…、かなりの量があります(15分弱)。監督自身の解説付きで観る事ができますが、その中で、ブリジット・リンのエピソードについてはもっと別のエピソードが用意されていたことを知り驚きました(本編では背景を全て無視していましたが…描かれていたんですね。サングラスをとるシーンもあったし)。他にも、撮影のクリストファー・ドイルが当時を(少々酔いながら)振り返り撮影地をいくつか巡るというのもあります(10分弱)。劇中トニー・レオンの部屋がドイルの新居であったことは比較的有名ですが、今も住み続けている、とは思いませんでした(立地が便利らしい)。ただ、ドイルが振り返るのは後半部分のみです。前半は第二班撮影監督だったアンドリュー・ラウの手による撮影だった(!)そうなので仕方ないかもしれません(私は、最近まで全部ドイルの撮影だと思っていました)。…と、一部だけ紹介しましたが、興味深い特典だと思います。この点なかなか満足しました。(映像特典は今回同時発売のDVDにも収録されています)。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・後は内容について思うこと書かせてください。それは本作の‘鮮度’についてです。本作はウォン・カーウァイ監督の長編映画三作目です。が、実際には本作‘後’に公開された武侠映画『楽園の瑕』を先に着手しており、その制作の遅れからスケジュールに空白が生じた四ヶ月を利用し比較的短期間で撮影されたといいます。そのせいなのか、展開にはところどころ‘ありえないだろっ’とツッコミを入れたくなる部分がありますし、全体としてはまとまりに欠ける、と思えます。台本からコツコツと細部を作り込んだ感触はなく、ラフなスケッチのようにサッと仕上げた、といっていいかもしれません。ところが、本作にとってそれは短所ではなのです。本作で印象的なのは、まず映像面。それは、…生き生きと描かれた登場人物達…1990年代香港のポートレートと言いたくなる風景…、だけではありません。個性的なカメラワーク・鮮やかな色彩・映像の加工…。映像面だけではなく、刺激的な編集や展開やモノローグ…。ゴダール的と評されながら明らかに現代的な感覚…あるいは刺激的な選曲…。本作はアーティスティックでありながらポップなのです。垢抜けた明るさもあります。それらは、香港=カンフー…そして垢抜けない…という私の思い込みをひっくり返すには十分すぎるほど新鮮でした。間違いなく90年代を‘象徴’する作品の一つだと思います。そんな時代を象徴する本作…2015年の今改めて観ても新鮮であることに驚きます。10年一昔といいますが、本作は20年以上も昔…少なくとも背景となる香港の姿は過去…なのにまるで映画そのもの(?)が目の前で呼吸しているような鮮度を維持しているのです。その鮮度はどこから来るのでしょう。…撮影前に完成台本はなく、その場で少しずつメモ(台本?)を出しながらの撮影…、時には監督が撮影中(!)シナリオを書く為に中座することすらあった…という伝説(?)。ヌーベルバーグ的なゲリラ撮影。きっと…かなり即興的な制作だったのでしょう。流動的でルーズな創作的自由…まるでジャズのインプロヴァイゼーションのよう…。これは、作者(監督)の感性が最重要となるはずです(もちろんそれを下支えする力量ある集団が必要ですが)。そして、成功すれば…優れたジャズ演奏同様に…この方法でしか達成できない鮮度が備わる…。本作は見事に証明してみせたのです。ラフなスケッチのように見えながら高い完成度を両立する。言い換えれば…スケッチが持つ‘勢い’を完成作にまで持ち込むことに成功した稀有な作品なのです。おそらく、短期間でサッと仕上げたということで‘勢い’と‘鮮度’を封じ込めることに成功したのでしょう。本作は優れたインプロヴァイゼーションと同じ…、ジャズの名盤が古くならないように、本作もまた古くならない(なれない)のです。そんなわけで…本作は(そして兄弟作である『天使の涙』は)‘永久に新鮮’と確信しています。20年といわず、これからもずっと瑞々しい感覚を維持するはずです。

Service Informationサービス概要

「まるっとシリーズ」は
ライフラインの
窓口をひとつにまとめ
手続きの手間を削減いたします
※消費税等相当額を含みます。
※原料費調整額は含んでおりません。
※まるっと割引はクレジットカードか口座振替でのお支払いの場合適用されます。
※上記における東京電力のプランは従量電灯Bであり、東京ガスのプランは一般料金です。
まとめれば
割引や
会員特典も!
まるっとシリーズは
窓口をひとつにまとめて手続きの手間を削減、
まとめることで割引が適用されたり
うれしい特典も!

Marutto Seriesサービスラインナップ

Living with Maruttoまるっとのある暮らし

まるっとシリーズは、時間に追われずゆったり暮らせる、
自分や家族との時間を大切にできる、
引越しの面倒をサポートしてくれる・・・
そんな理想の実現をお手伝いします。