スローハンド・アット・70,anthonylanier.com,2911円,-,エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】,/hippophobia1928003.html,DVD , ミュージック , ロック スローハンド・アット・70,anthonylanier.com,2911円,-,エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】,/hippophobia1928003.html,DVD , ミュージック , ロック 2911円 スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】 DVD ミュージック ロック スローハンド アット 70 - エリック クラプトン ロイヤル ライヴ 通常盤DVD ザ アルバート 今ダケ送料無料 ホール 2911円 スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】 DVD ミュージック ロック スローハンド アット 70 - エリック クラプトン ロイヤル ライヴ 通常盤DVD ザ アルバート 今ダケ送料無料 ホール

スローハンド アット 70 - エリック クラプトン ロイヤル オリジナル ライヴ 通常盤DVD ザ アルバート 今ダケ送料無料 ホール

スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】

2911円

スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】

商品の説明

エリック・クラプトン最後のロイヤル・アルバート・ホール公演! 2015年3月30日に迎えた70歳の誕生日を期にツアーからの引退宣言をしているエリック・クラプトンが、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(2公演)とともにファイナル・ツアーとして 行ったロンドンのロイヤル・アルバート・ホール(7公演)公演が早くもパッケージ化! クラプトンの代表曲と得意のブルーズでセットリストを固めたメモリアル作品! 【日本先行発売/日本語解説書封入】

エリック・クラプトンにはお気に入りのコンサート会場が2ヵ所存在する。ひとつは我が日本にある日本武道館、もうひとつがクラプトンのお膝元ロンドンにあるロイヤル・アルバート・ホール(以下RAH)である。本作はファイナル・ツアーのフィナーレを飾る2015年のRAH公演をシューティングamp;レコーディグしたものである。

1963年にデビューして以来、節目節目では必ずRAHでコンサートを行ってきたエリック・クラプトン。1968年のクリーム“解散コンサート"。1983年のデビュー20周年記念のチャリティ・イヴェントとして、“ARMSコンサート"と“プリンス・トラスト"を行い、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジとの三大ギタリスト揃い踏みとなったことで話題となった。1988年には“デビュー25周年記念公演"。RAHの連続公演新記録を樹立した1990/1991年の“ジャーニーマン・ツアー"と“24ナイツ"。2005年には“クリームの再結成公演"もRAHで果たしている。今回はファイナル・ツアーということもあり、日本でいう古稀となったエリック・クラプトンは、馴染み深いRAHでもってツアーを締めくくった。

収録された本編(ボーナス・トラックを除く)は三部構成となっており、一部と三部はエレクトリック・セット、真ん中の二部ではシッティング・アコースティック・セットである。「アイ・ショット・ザ・シェリフ」「レイラ」「ワンダフル・トゥナイト」などの往年のヒット・ソングを中心に、J.J.ケイルの「サムバディズ・ノッキン・オン・マイ・ドア」、ビリー・プレストンの「ユー・アー・ソー・ビューティフル」など、珍しい曲を織り交ぜて構成されている。

RAHでのエリック・クラプトンはいつもリラックスしており、今ツアーでも雄弁だったのだが、さすがのクラプトンでも収録日は少し緊張するのだろう、口数は少なく無駄なおしゃべりは皆無であった。がしかし、裏を返せば演奏に集中していたともいえる訳で、本作を聴けばそれも理解できる。バンドにギタリストが自分だけということもあって、ソロはもちろんのこと、バッキングに徹している時もキレのあるサウンドを聴かせてくれている。

ボーナス・トラックとして16分を超える「リトル・クイーン・オブ・スペード」が追加収録されている。このスロウな長尺ブルーズこそエリック・クラプトンの真骨頂と言える。得意とする反り返ってのプレイは、後ろに倒れてしまいそうなほどである。気合いの入った入魂のフレーズに観客席は静まり返り、終われば大拍手喝采のスタンディング・オヴェイションだ。

本作でのバンド・メンバーを紹介しておくと、エリック・クラプトン(ギターamp;ヴォーカル)、クリス・ステイントン(ピアノ・キーボード)、ネイザン・イースト(ベースamp;ヴォーカル)、スティーヴ・ガッド(ドラムス)、ポール・キャラック(オルガン・キーボードamp;ヴォーカル)、ミッシェル・ジョン(バッキング・ヴォーカル)、シャロン・ホワイト(バッキング・ヴォーカル)、アンディ・フェアウェザー・ロウ(ギター:アンコール曲「ハイ・タイム・ウィー・ウェント」のみ)、となっている。機材についても少し触れておくと、今回のツアーでは珍しくサンバーストのフェンダー・ストラトキャスターを使用。ヴィンテージ・ギターではなくノイズレスのピックアップ搭載の真新しいストラトキャスターであった。アコースティック・ギターはお気に入りのマーティンOOO-28ECである。

【DVD収録予定曲】
1.サムバディズ・ノッキン・オン・マイ・ドア
2.キー・トゥ・ザ・ハイウェイ
3.テル・ザ・トゥルース
4.プリテンディング
5.フーチー・クーチー・マン
6.ユー・アー・ソー・ビューティフル
7.キャント・ファインド・マイ・ウェイ・ホーム
8.アイ・ショット・ザ・シェリフ
9.ドリフティン・ブルース
10.ノーバディ・ノウズ・ユー・ウェン・ユア・ダウン・アンド・アウト
11.ティアーズ・イン・ヘヴン
12.レイラ
13.レット・イット・レイン
14.ワンダフル・トゥナイト
15.クロスローズ
16.コカイン
17.ハイ・タイム・ウィ・ウェント

-ボーナス映像-
・リトル・クイーン・オブ・スペイズ

《2015年5月 イギリス/ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール公演収録》

【仕様(予定)】
収録時間:本編 約106分 / ボーナス映像 約16分
画面サイズ:16:9
音声仕様:ドルビー・デジタル ステレオ / ドルビー・デジタル 5.1chサラウンド / DTSサラウンド・サウンド

スローハンド・アット・70 - エリック・クラプトン・ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール【通常盤DVD】

アンプラクトぐらいの時期から、クラプトンを聞き始めた人には、素晴らしいDVD だと思います。いい意味でも悪い意味でも、ここまでリズムを守り、1ギタリストのクラプトンは珍しいです。その分迫力とか、独特の、あの泣きは、少ないですが。しかし70歳とは思えない。ギターもさることながら、歌声も素晴らしいです。あえて言うなら、レイラはフェンダーでガンガン弾いて欲しかった。
ツアーからの引退を表明したが、いまだステージに立ち続けているクラプトン。しかし、70歳という節目でロイヤル・アルバート・ホールで「引退公演」を行った意義は大きく、歴史に残るファン感涙もののライブとなった。サポートのギタリストを入れず、本気度が伝わってくる。ファンにとっては最高のシチュエーションだ。アコースティックの場面を除き、ステージを通してストラトはサンバーストの1本のみ。世界一ストラトが似合う男だけに「サンバーストって恰好いいんだね~(ため息)」と思わせる。気の利いたMCはなく、淡々とステージは進むが、クラプトンの生き様が詰まったといえる選曲に身を乗り出す。初めて聴いた時の古い記憶と重なり、特にブルース、デレク・アンド・ザ・ドミノス時代のナンバーに引き込まれる。前半のハイライトは「アイ・ショット・ザ・シェリフ」。それまで静かに演奏を聴き入っていた聴衆もレゲエのリズムに酔い、思い思いに体を揺らす。クラプトンのボーカル、ギターも冴え渡る。かつての恋人が好きだった「ワンダフル・トゥナイト」は情感たっぷりの仕上がりで、涙、涙…。お約束のナンバーとはいえ、やはりこの曲なくしてECライブではない。ボーナス映像の「リトル・クイーン・オブ・スペイズ」はスローブルースの十八番で、今回も入魂のソロにこちらものけぞる。ロバート・ジョンソンへの熱い思いがひしひしと伝わってくる。できれば「レイラ」は原曲と同じテンポのエレキバージョンを演ってほしかったが、御大は近年、年齢相応のスローなテンポを好んでいるのだろう。「ユー・アー・ソー・ビューティフル」はぜひクラプトンのボーカルで聴いてみたかった!
英国王室の象徴的存在であるロイヤルアルバートホール、英国の歴史を感じられる格式あるホール。熟年のクラプトンに一番ふさわしいステージの様に思われます。40代、50代60代、70代、クラプトンはどの年代も感動させてくれます。クラプトンをたっぷりとたのしめる私達は本当に幸せです。英国????????議会とロイヤルアルバートホール、内部の造りがとても良く似ています。大き過ぎず、客席がこんなに近いとは!クラプトンにはいつまでもこのステージに立ち続けて欲しいですね。
相変わらず若々しい演奏を見せてくれた。最後のライブかといわれているが未だまだ元気なのでライブ活動を継続してほしい。
編集部からのお知らせ
新着、記事まとめPDF「DX新局面」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
製品解説 「DJI Mavic 3」開封--大幅に進化した新型ドローン
特集・解説 「量子コンピューター」バブルへの懸念--誇大宣伝や過度の期待が抱えるリスク
クライアント ヘッドセット「Jabra Evolve2」新製品に見るオンライン会議での音質問題の勘所

News from ZDNet Worldwide

本国アメリカのZDNetが発信する海外最新IT動向やテクノロジトレンドに関するニュースを毎日発信!

企画特集 PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]