イノセント,/hippophobia1927703.html,DVD , 外国映画 , ドラマ,HDマスター,664円,anthonylanier.com,ルキーノ・ヴィスコンティ,DVD 保障 イノセント ルキーノ ヴィスコンティ DVD HDマスター 保障 イノセント ルキーノ ヴィスコンティ DVD HDマスター 664円 イノセント ルキーノ・ヴィスコンティ DVD HDマスター DVD 外国映画 ドラマ 664円 イノセント ルキーノ・ヴィスコンティ DVD HDマスター DVD 外国映画 ドラマ イノセント,/hippophobia1927703.html,DVD , 外国映画 , ドラマ,HDマスター,664円,anthonylanier.com,ルキーノ・ヴィスコンティ,DVD

保障 イノセント ルキーノ バースデー 記念日 ギフト 贈物 お勧め 通販 ヴィスコンティ DVD HDマスター

イノセント ルキーノ・ヴィスコンティ DVD HDマスター

664円

イノセント ルキーノ・ヴィスコンティ DVD HDマスター

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

巨匠、ルキーノ・ヴィスコンティの遺作。20世紀のローマ。トゥリオ伯爵と妻のジュリアーナは結婚して数年経つが、関係は冷え切っていた。トゥリオは未亡人の公爵夫人・テレザに夢中になり、ジュリアーナも作家のフィリポとの不倫に走り…。

内容(「Oricon」データベースより)

20世紀のローマ。トゥリオ伯爵と妻のジュリアーナは関係は冷え切っていた。彼は、未亡人の公爵夫人テレザに夢中になり、ジュリアーナに別れをつげ旅立った。やがてテレザと別れ、ローマに戻ったトゥリオは、明るさを取り戻しているジュリアーナに不審を抱くのだった…。ガブリエーレ・ダヌンツィオの「薔薇小説」三部作のひとつ『罪なき者』を映像化。巨匠ルキーノ・ヴィスコンティの遺作。

イノセント ルキーノ・ヴィスコンティ DVD HDマスター

半身不随の上、最悪の体調で撮影にのぞまざるをえなかったため、かねてから映画化に意欲的だったトーマス・マンの「魔の山」をあきらめ、ダヌンツィオの「罪なき者」の制作に乗り替えたという。イタリア人のヴィスコンティが、晩年ドイツにこだわった理由は定かではないが、本作品が遺作となってしまったことはヴィスコンティの本意ではなかったにちがいない。デジタルリマスター化された映像で見る、貴族たちが身につける衣装や、大豪邸のインテリアなどはまさに他を圧倒している。豪華絢爛という表現がふさわしい衣装を身に着けたラウラ・アントネッリ(青い体験の色っぽいお手伝いさん)やジェニファー・オニールは、きっと幸せだったにちがいない。サロンで開かれるミニコンサートのシーンでは、実際の貴族でもあるヴィスコンティの親族を登場させ、イタリア貴族の生活をこの上なく煌びやかに描いている。俗流の超人を気取って、傲慢な態度を崩さない無神論者のトゥリオ伯爵(ジャンカルロ・ジャンニーニ)。横暴な夫から愛する人の子供を守るため、赤子に無関心なふりをする妻ジュリアーナ(ラウラ・アントネッリ)の<演技>が痛々しい。映画は、嬰児殺しという重たいテーマを扱ってはいるが、退廃という形容はあてはまらない。トゥリオが選んだ地上での決着も、貴族の最期を飾るにふさわしい華々しいエンディングだった。
ヨウロッパの華やかさの、中の退廃美が最初から、最後までとても悲惨な、結末が待っていました。
日本でも、ある世代以上なら「青い体験」のラウラ・アントネッリを覚えている。その彼女がビスコンティ映画に出演している「イノセント」は、ずっと前から気になっていて見たかった作品。当時34歳のラウラは、年齢のわりにあどけない表情とは相反し、豊満な肉体で圧倒的に美しかった。夫役は、最近だと「007カジノ・ロワイヤル」で渋い演技を見せたJ・カルロ・ジャンニーニ。夫の愛人役は「おもいでの夏」のJ・オニール。貞淑な妻を信じて疑わず外で女遊びをしていた利己主義の夫が、放置していた妻の不倫に気付き、彼女が他の男の子を宿すことから、始まる苦悩と悲劇。印象的な美しい赤のドレスと壁紙、カーテンは、世紀末の官能と退廃の美の極致。ローマのコロンナ宮殿(「ローマの休日」のラストシーンでも使用された)で撮影されたコンサートには、ビスコンティの親類の本物の貴族が取り巻いた。世紀末の貴族達の衣装、調度品にいたるまで、ビスコンティの美学が妥協を許さない。素晴らしい映像美。無修正版で、妻の不倫相手の「モノ」をフェンシング後のシャワー室で夫がふと目にしてしまうシーンは、しっかりと映っていた。重要なシークエンス。妻を寝とった男は、貧しい階級出身の新鋭の作家。貴族階級の夫の憎悪と嫉妬に満ちた表情が物語る。夫の性格や無神論者という設定は、彼の邸の室内装飾の色や家具類とリンクしている事にも注目。19世紀のドレスに身を包んだラウラは、無垢な少女のように美しい。ドレスを脱げば、男を狂わせるほどの魔性の肉体を持つ。ラウラの顔が少女のように可愛らしいからこそ、あまりにも痛々しく、ラストの悲劇が一層際立った。残酷なほどまでに、美しい映画。夫の愛人テレサが黒いドレスを翻し、走り去っていくシーンは、まるで油絵のごとく印象的。これぞ芸術。
ラウラ・アントネリとジャンカルロ・ジャンニーニが夫婦役ですが格調高くえがかれてはいますが。結末は驚きです。ラウラの裸はとてもキレイです!これだけでも満足できる。私は思います。