山猫,/Guisian1927601.html,anthonylanier.com,770円,Blu-ray,DVD , 外国映画 , ドラマ 山猫 Blu-ray 新品未使用正規品 山猫,/Guisian1927601.html,anthonylanier.com,770円,Blu-ray,DVD , 外国映画 , ドラマ 山猫 Blu-ray 新品未使用正規品 770円 山猫 Blu-ray DVD 外国映画 ドラマ 770円 山猫 Blu-ray DVD 外国映画 ドラマ

山猫 Blu-ray 新品未使用正規品 特価

山猫 Blu-ray

770円

山猫 Blu-ray

商品の説明

内容紹介

1860年、統一戦争に揺れるイタリア。祖国統一と腐敗した貴族支配からの解放を叫ぶガリバルディと彼の赤シャツ隊がシチリア島に上陸、当地を数十代にわたって統治してきた<山猫>の紋章の名門サリーナ侯爵家も大いに揺れる。
そんな中、当主ドン・ファブリツィオ(バート・ランカスター)は、避暑地の田舎村の娘アンジェリカ(クラウディア・カルデナーレ)と結婚したいと言いだし甥のタンクレディ(アラン・ドロン)のために一肌脱ごうと決意する。彼は没落貴族と新興ブルジョワジーの結婚に、新しい時代を予感していたのだ……。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

イタリア映画界の巨星、ルキーノ・ヴィスコンティ監督が描く壮大なドラマ。1860年のイタリア。腐敗した貴族支配からの解放を叫ぶ統一運動の波はシチリアにも到来。当地を数十代にわたり統治してきた“山猫”の紋章のサリーナ公爵家も大いに揺れ…。

山猫 Blu-ray

旧盤を持っていますが、製作者さんの「旧盤を持っている人にも一目で綺麗になったと思われるようにつくります」的なインタヴューを見て購入してみました。結論から言いますと、40インチのBRAVIAシネマモードで観ると、ほとんど画質の違いはわかりませんでした。(プレイヤーはPS3)極僅かに、鉢や像などの質感が上がったように感じる気がしたり、朽ちた屋敷でアンジェリカがタンクレディを探すシーンで、アンジェリカの姿に妙に引き込まれたり、そんな感覚的な部分では綺麗になった感じもしないではありません。あと旧盤では強かった赤が、気持ち落ち着いたような気もしますが、まぁそんな程度です。一応、シネマモードをオフにして比べてみると、アンジェリカとサリーナ公爵のワルツのシーンでアンジェリカの顔のノイズが少なくなっていることがわかります。製作者さんの力の入れようが伝わりました。しかし、そもそも新旧共にマスターは2010年に作られた4K修復版で、同じものです。同じマスターを現在の技術と経験でエンコードを見直したりして再Blu-ray化したのが本製品になります。旧盤がすでに十分綺麗な画質だったこと、TVのシネマモードである程度ノイズリダクションされることから、画質向上を期待している方には、それほどの実感は得られないかもしれません。(プロジェクターで見るとか、MGVC対応のプレイヤーを持っている方には、より違いが感じられるかもしれませんが)一方、音声はかなりクリアになりました。(こちらはわかりやすいほどに)旧盤は映像は素晴らしくきれいですが、音声が古さを感じさせ、バランスが悪かったのですが、本品はオープニングから素晴らしいサウンドで気分も盛り上がります。BGMだけでなくセリフも聴き取りやすくなっています。音声はオリジナルのテープからデジタルデータ化されノイズ除去されたものが旧盤で、本品はそれをオノセイゲンさんによってマスタリングされたものです。これを手を加えたと見るかどうかは、それぞれの判断だと思いますが、私はダイナミックさ、艶やかさ、聴き取りやすさが増した本品を推します。(ただ音声はTVのスピーカーではなく、AVプリアンプ→パワーアンプ→2チャンネルスピーカーで聴いていることを付け加えておきます)内容は本当にどのシーンをとっても力が入っています。撮影当時はCGが無い時代ですが、微妙に近代化されていた1960年代のシチリアで、100年前を再現するために、舗装道路をはがして石を敷き詰める。電柱やテレビのアンテナを取り払うなど徹底したそうです。その他、音楽、衣装、キャスト、スタッフなど撮影のこだわりエピソードは数多くあります。芸術に興味があってまだ未見の方には特にオススメです。山猫とルートヴィヒが売れて、Film Foundationで修復済みの夏の嵐などさらにBlu-ray化が進めばと期待しています。
テーマ的には重いのですが、美しい映像美に目を奪われ、時間の流れを感じさせない作品です。二度と再現することはできない貴族の風格、貴族社会の雰囲気を堪能できる作品でもあります。
33年前,高校生2年でオリジナル完全版を観てから,折に触れて見続けて来た映画です。若い頃はアラン・ドロン演ずるタンクレディに感情移入して観ていましたが,50歳となった今,改めてファブリッツィオ侯爵が何を考えていたのか,ヴィスコンティが侯爵を通じて何を訴えたかったのか,よく理解出来るようになりました。イタリアははフランスの支援を得たトリノのサルディニア王国がオーストリアの影響を退け,ブルボン家の流れをつぐナポリ王国他主要国を傘下につけて,新イタリア王国の国王となることによって成立するわけですが,(戦国時代を除いては)早くから日本国として統一されていた我が国とは異なり,統一戦争での混乱,それまで異なる歴史を歩んでいた諸邦が現在に連なるイタリアの南北問題の原因となっているということが理解出来ます。シチリア名物のピッツァを家長である侯爵がサーブする場面や,北部出身の伯爵が,侯爵の長女と結婚出来ればマカロニを北部に運ぶことも厭わないという主旨のセリフから,料理の文化も南北で異なることがわかり,シチリアという郷土色の強い土地柄がよく表現されています。ラストシーンで,侯爵が明け方の街かどで行き去る神父と子供に敬虔にひざまずき祈りを捧げ,暗がりに消えて行く後ろ姿に心を打たれます。それにしても,演技,セリフの言い回し,衣装をはじめ,時代考証に忠実で,これだけの内容を伴った品質の映画を作成することは現代では困難と思われます。最近では使われなくなりましたが,まさに「映画芸術」という表現がぴったりです。華麗で格調の高いニーノ・ロータの音楽も本当に美しく,映像によくマッチしていて素晴らしい。Blu-ray化されたことに感謝。
画像は想像通り美しい。現代の映画に慣れていると話の運びが長すぎると感じられるかもしれません。
ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

新着記事

Jタウン研究所

地元の話題

Jタウンチャンネル

Sponsored contents 共同通信PRワイヤー

PAGETOP